ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

Tシャツ 上

 脇腹に穴の開いたTシャツを着て、今日は人に会ったようでした。帰ってから母が教えてくれました。服装について考えたくない日、つまり週の半分くらいは着ていたお気に入りをだめにした私に、これからは思考と決断を迫る毎朝が待っています。

 本日より部屋着の仲間入りを果たした白い無地のTシャツは、緊急停止した電車が再び動き出すのを待つあいだに、 普段なら通過する駅のそばで見つけたのでした。なかでからだが泳ぐほどの大きさと、のちに脇腹が破損するほどのたよりなさが好みでした。着ていてどこにも力が入らないような服ばかり、気づけば手に取っています。試着してみて、新品に袖を通したという実感がまるでなかったので、迷わず買いました。4月の末でした。まだ先の長いひと夏を越せなかったのが心残りです。

 明日は何を着よう、と、さっそく宿題を抱えてしまいました。たまには背すじが伸びるようなのを、と思いついたものの、雨が降るというから、濡れてもかまわないものが無難であるような気もします。私にはTシャツがお似合いなのでしょうか。許されるなら、脇腹に穴の開いたので出かけるけれど。明日着るもののことは、明日考えるとしましょう。

www.kodahira.com