ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

おかいもの的倒錯

 ひとに一目惚れをしたことはありませんが、ものにはよくします。今度の相手はビニール製のポーチでした。彩度を落としたトリコロールカラーみたいな配色、太めのペンで描いたイラストがかもし出す、すっきりしているのにあたたかい雰囲気、右上にいるハイヒールを履いた脚のかたち、なにもかもがタイプの子です。小学生がプールに持って行くかばんと同じにおいがするところも気に入っています。

 なんとしても連れて帰りたく、口実を設けようと頭をひねりました。電子辞書のケースを探しているところだったとひらめき、重ねてみるとさいわいにもちょうどよい大きさだったので、買うことができました。こういうとき、私は運命ということばを安易に使います。

 「発明は必要の母」を体現するかのごとく、私は生活必需品でないものばかり欲しがります。ポーチはほどよく大きな買い物なので、本気の恋でなければ歯止めがかかりますが、送るあてのないポストカードや便箋は、しばしば浮ついたこころで買ってしまいます。それでも、ことばをこぼし、人に手渡し、やがて使い切るのだからよかろうとひとり決めしています。ものには順序があるというけれど、そのきまりを破ったらしあわせになれないわけではないとも思うのです。