ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

ぬくぬく

 軽音楽部に所属してバンドを組んでいた3年間、歌詞を書くのは私の役目でした。いとしくなるほどへたくそな詞を書いていました。思春期につきもののかたくなさと自意識過剰と、根拠のない自信と不安とをもって発せられることばには、めちゃくちゃなのに迫りくる趣があります。まじめに話す高校生を笑ってはいけません。

 自分もろくでもない詞を書いていたくせに、他人の書くものを批判的に読むこともありました。あのときもいまも、とがっただけのことばは響いてこないのです。なにもかもが退屈だとか、同じに見えるとか訴えられても、好き勝手に生きてきたこの身には、ぴんときませんでした。たとえば(「わかってくれない大人」ならいるに違いありませんが)「大人はわかってくれない」と叫ぶ子に、度肝を抜く出会いがあらんことを願うばかりです。

 「言いたいことも言えない」とは無縁にぬくぬく育ってきたから、激しい気持ちを抱くことがないのでしょう。言いたいことは言えばよろしいと信じるから、こうして書きたいように書くのです。生き様がロックじゃないってやつか、とときどき気後れします。根深いぬくぬくコンプレックスです。しかし、その気後れさえぬくぬくに埋もれて、しばしば忘れます。でも、いいや。