ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

優しい人

 「優しい」と「冷たい」とを同量ずつ浴びて育ったためか、「優しいね」をすなおに受け取れず戸惑う癖が長いこと抜けませんでした。ひとことで人格が決定づけられるとか、みんなには見えていないほんとうの自分があるとかいった思い込みがとけたのは、おそらく思春期を抜け出したのと同じころです。現在は、おのれを優しいものとは認めがたくも、優しいと言ってもらえるふるまいができたと喜べるだけ、やわらかくなりました。

 身体が弱かったこと、いじけやすさ、急ぐことや大きな声がきらいであること、ことばへの過剰な感じやすさ、毒を盛るときはうまく忍ばせようと努める趣向、過去のおこないの大部分を恥じていること、などから、おそらく私の優しさらしきものは出発しています。したがって私は、私をなにより小さいやつと見なしています。

 私のことばその他に、優しいところを垣間見てくれる人のまなざしにこそ、私はこまやかな優しさを感じます。うつくしいものを愛でるこころこそうつくしい、といわれるみたいに。「ばかって言ったほうがばかなんだもん!」というのも、仕組みとしては同じものでしょうか。優しいって言うあなたが優しいんだ、と言ってみることに、いま、決めました。