ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

言論の小川

 消すくらいならはじめからつぶやくな、とお叱りを受けたことはないのですが、そのように考えるTwitterのユーザーは少なくないようです。私は過去のつぶやきを気軽に消すほうで、それが受け入れられなければつながりを絶ってかまわないというところが本サービスの美点であるとも考えています。

 削除機能を使うときに思っていることは、「ここに句点を入れるべきだったのね」だの「へこみんしてつぶやいたけれど、もうごきげんだからいいわ」だの、だいたいそんなものです。かいわれの間引きか、黒板はきれいにして帰るものでしょう、というくらいの感覚で消してしまいます。残しておくほうがとくべつと言ったほうが近いかもしれません。ことばを蓄積させてゆく場はこちら、ブログであると決めて使い分けています。当記事が「ツイ消しユーザー」にやきもきされた方の、異文化理解の一助となれば幸いです。

 つぶやきがつぎつぎ消えてしまう仕様ならもっとおもしろいのに、と空想にふけります。そうすれば、二度とは同じ姿を見せない、ゆく川の流れのごときタイムラインを、澄んだ面持ちで眺めるようになるでしょう。傷ついたからだで激流を遡上することもなくなるでしょう。