ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

平成最後の夏

 平成最後の夏が来る、というちょっとしたニュースがTwitterをにぎわせているのを観測しました。私にとっては、このうごめき自体がちょっとした椿事でした。「平成最後の夏」に対する私の率直な感想は、いつの夏もひとしく二度と戻らないのに、というものです。「最後」だからと感慨にふけるメカニズムが、私には備わっていないものと思われます。

 最後のときを、たとえば近づく卒業の日を話題にしたおしゃべりの輪には、たいてい入りそこねます。仲間外れにされるわけではありませんが、私のほうで、参加する資格のないような気がなんとなくしているのです。くりかえされるたび熱を帯びてゆく「エモい」の一語に込められたものを、受信する器官がこわれているらしいのでしかたありません。

 平成最後の夏に、私は眠りたいぶんだけ眠り、会いたい人だけに会う、つまり例年どおりに過ごすつもりでいます。おわりのきらめきのようなものを感じとる嗅覚のするどさ、あるいは、すべての瞬間がおわりをはらんでいることに気づかないにぶさに由来する、得体の知れないアジテーションから離れた避暑地をさがします。