ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

猫の顔つき

 口もとの引き締まった顔が好きです。目鼻立ちや顎の描く線には、人それぞれの趣がありますから、たったひとつの理想形というのは思い浮かんできません。しかし、口もとだけは引き締まっているのがよいのです。

 口もとのかたちは、元々のつくりより、むしろ表情によって決まります。顔立ちとは違い、顔つきはいかようにも変わるのです。引き上げられた口角、閉じた唇の奥には、鋭敏な精神が働いているような気がして、快い印象を受けます。私が猫を愛するのはもっぱらこのためです。歯や舌をみだりに露出しないひかえめな口もとは、それらの効果的なちらつかせかたを心得ているかのように思われるほどです。

 長いこと眺めるなら、内実はさておき、知性を感じる顔にかぎります。人を撥ねつけるようにも吸い寄せるようにも見える、ほどよく張りつめたような顔つきとそれを司るこころはみごとです。ただし、好きな顔はどうしても甘やかしたくなるので、平生は怜悧なすまし顔が、めずらしく、だらしなく弛緩する場合は、たいへん嬉しがって観測します。猫のあくびを見るようなものです。

関連記事

www.kodahira.com

www.kodahira.com