ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

 「好きなことばは?」という質問は、その発話の意図がわかりにくいものです。いつ、だれから発せられるかといった背景を度外視して、語句そのものを好むことはありません。あいつがこう言ったら許さないが、あの子の口からはぜひ聞きたい、というぐあいに、私は文脈のなかのことばにこそときめきを感じます。しかし、そのように反論することこそ、いかにもことばをわかっていないようなので、期待されるものに近い回答は用意しておきます。すぐさま思いつくのは、次のふたつです。

 「おかえり」が好きです。どちらかというと、言われたいほうです。ただし、言われてばかりでは贅沢ですから、「ただいま」と「おかえり」とを半分ずつ引き受けて、日ごとに交わしあう生活を送りたいとも思います。

 もうひとつ、うなずくときの「ね」も好きです。これは、単体では意味をなさない語です。したがって「ね」にいたるまでの通いあいの蓄積を必要とします。そのぶん、ときに、ほかになにもいらないくらいの豊かな甘みをもって、声になる瞬間があるのです。茨木のり子の、きれいな詩のおわりの「ね」には、何度出会ってもどきっとします。

 ね。